So-net無料ブログ作成

Sigur Rós ~Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust~ [音楽]


Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: XL
  • 発売日: 2008/06/24
  • メディア: CD



アイスランド出身の4人組、シガーロスのニューアルバムについてです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロニーの旅はカンプノウからサンシーロへ [サッカー]

この夏の移籍市場を騒がしていたロナウジーニョのACミランへの移籍が決まった。
総額47億円で2010年までの契約らしい。
これで完全にバルセロナでのライカールトとロナウジーニョの時代は終焉を迎えた。

22781_hp.jpg
(c)Goal.com

昨年のバルセロナで低調なパフォーマンスに終わり批判を受けて「燃え尽き症候群」とか言われたロナウジーニョ。
チームもCLこそベスト4に残ったが、リーガはライバルのレアル・マドリーに屈辱の勝ち点18点差の3位。
責任をとり監督もライカールトからペップ・グアルディオラに変わり、そのペップがいきなり会見で一時代を築いたロナウジーニョ、エトー、デコの3人を構想外とした。

そんなわけで次のチームを探すことになったが、移籍金や高い年俸により払えるクラブは限られている。最終的に残ったのはイタリアのACミランとイングランドのマンチェスター・シティだった。
結局金額はマンチェスター・Cの方が高く提示したらしいが、ミランにはロナウド、カカ、パトなどブラジル人が多く在籍しているし、CLには出れないものの誰しも納得するビック・クラブである事もあってかミランが獲得した。

さてミランで活躍できるかという事だが、今までのリーガからミランに来たブラジル人(ロナウド、リバウドなど)はあまりいい成績を挙げていない。
CLをバルサで獲った時のロニーは本当にすごかったので、また復活してそんなジンクスを打ち破る活躍をみせてほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2008 ~ワーストな選手たち~ [サッカー]

前回ベストプレイヤーを決めてみたが、今回は残念ながら期待外れだった選手を選びたいと思ういます。

GK ツェフ(チェコ)
すべてはトルコ戦のあの痛恨のミス。世界的に最高レベルと言われているキーパーがあの重要過ぎる場面でやらかすとはちょっと信じられない。CLでもやったがなんか雨に弱いのかな・・・

DF テュラム(フランス)
歴戦の勇士も年齢的な衰えが隠せなかった。もうさすがに無理だって・・・

DF ヤンセン(ドイツ)
あの初戦のデキではスタメン外されて当然。まだ若いからこれからだがあの攻撃的な姿勢がみれなくて残念。

FW マリオ・ゴメス(ドイツ)
う~ん・・・レーブは頑張って使ったけど、クローゼとの相性は駄目だったね。

FW トーニ(イタリア)
完全に呪われているとしかいえない位にゴールが決まらなかった。もちろんこの人の得点力は今更疑いようがないが、今大会は運がなかった。

im00038512.jpg
(C)Sportiva.com

監督 レイモン・ドメネク(フランス)
選手ではないが個人的にベストワースト賞をあげたい。なぜかあれだけ評価の高く結果を出しているメクセス、フラミニ、トレゼゲなどを召集せずにゴミとかケガで出れるかわからないヴィエラとか呼んだのかわからない。
しかも大会が始まったらCBのテュラムがダメで、変わりにSBが本職のアビダルをCBで使い、さらにそのアビダルがPK献上&退場をする最悪の展開に・・・
そんな今大会ダメすぎるフランスだったにもかかわらず敗戦後に自分の恋人にプロポーズするというギャグ??もかましてくれた。
さらにここからが問題。
なぜかこの監督の続投が決定した。それを受けてトレゼゲが代表引退。
う~ん・・・フランスはいったいどこへ向かうんだろう、、、

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2008 ~11人の輝いた選手たち~ [サッカー]

EURO2008はスペインの優勝で幕を閉じたが、本大会で輝きを放った選手を個人的に選びたいと思います。

ベストプレイヤー

GK カシージャス(スペイン)
これは文句なしで今大会のベストキーパー、パフォーマンスもさることながらキャプテンとしてもチームをまとめていた。「聖人」とか言われるのも納得。

DF ペペ(ポルトガル)
センターバックだが前線に上がっていくタイミングも抜群、スピードもありこれからが楽しみの選手だった。

DF マルチェナ(スペイン)
これまでなんか微妙だなと思っていたが、今大会はプジョルとのコンビネーションもよくカバーリングもしっかりしていてほぼミスもない安定感をみせていた。

DF ジルコフ(ロシア)
左サイドバックとして攻撃はもちろん、大柄の体格をいかした守備もよかった。スピードもあり運動量も抜群でロシアの左サイドを牽引していた。

DF セルヒオ・ラモス(スペイン)
ポテンシャルは疑いようがないが波のある選手というイメージだったが、今大会は課題??のメンタル面も安定していてクラブ時より輝いてみえた。

MF マルコス・セナ(スペイン)
アンカーとして完璧だった。守備ではパスコースを消し、スペースをうめてボール奪取、プジョル、マルチェナとのトライアングルは守備の安定感をもたらした。攻撃でもパスをつなぎクラブほどではないがミドルシュートも放った。

MF シャビ(スペイン)
今大会のMVP。今までのパサーとしてだけではなく得点も狙える選手に成長した。仕掛けのタイミングやボールキープなどスペインの攻撃は彼が牽引していた。今大会の活躍は個人的に大好きな選手なんでとても嬉しい。

MF モドリッチ(クロアチア)
毎回若い才能がみれるEUROだが本大会はこの人で決まり。クロアチアの攻撃はほとんど彼から始まっていたし、パスの正確性、センスや上がるタイミングなど本当に才能を感じた。トッテナムに移籍が決まっているのでプレミアでの活躍が楽しみである。

FW ポドルスキ(ドイツ)
決勝まで進んだのになんか微妙だったドイツの中でこの人は輝いていた。本職ではない左サイドをやったがどんどん仕掛ける強気な姿勢やクロスのタイミング、さらにゴールも狙うととてもよかった。

FW アルシャビン(ロシア)
間違いなく断トツで今大会で価値を上げたロシアのエース。スピード、テクニックを活かしたドリブル突破やパスセンス、さらにはシュート精度とオールマイティな力を存分にみせてくれた。若くはない27歳だがゼニトを出てビッククラブでプレーするのか注目である。

FW ビジャ(スペイン)
ハットトリックも決めた本大会得点王。ケガのため決勝は出られなかったがスペインの快進撃は彼のゴールから始まった。スピードを活かしたドリブルや振りの速いシュートとトーレスと共に大活躍だった。


監督 ルイス・アラゴネス(スペイン)
戦術としては4-1-4-1と4-1-3-2の併用をして試合の状況によって使いわけ、サイドバックのバランスを重視して攻撃的になり過ぎないようにしていた。だがこの監督を最も評価するのはチームをまとめたということ。本大会明らかに一番チームとしてまとまっていたのはスペインだった。結果的だがこういうチームを作りたいからラウールを外したのかな、、、

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:スポーツ

豪華なアルゼンチン五輪代表 [サッカー]

北京オリンピックアルゼンチン代表の18人が発表された。

GK ウスタリ、ロメロ

DF サバレタ、モリソン、ガライ、ファシオ、アコスタ、プルディッソ(OA)

MF ソサ、バネガ、ガゴ、リケルメ(OA)、マスチェラーノ(OA)

FW メッシ、アグエロ、ラベッシ、ディ・マリア、ボナノッテ


すごいな、、、本気すぎる、、、

オーバーエイジ枠はインテルのプルディッソ、リバプールのマスチェラーノ、ボカのリケルメの3人。
この時点で豪華なのにさらにメッシ、アグエロ、ガゴ、ラベッシ、ガライ・・・とA代表並の戦力。

特に個人的に期待しているのはやはりFIFA U-20ワールドカップ2007でも大活躍したアグエロ。
今シーズンもトーレスが去ったアトレティコで19ゴールをたたき出し得点ランキングリーガ3位、小柄ながら「神速」といわれるスピードと高度なテクニックで相手を抜き去りゴールするさまは圧倒的である。

510049_mediumsquare.jpg

そんな本気すぎるアルゼンチンに比べて日本はOA枠に遠藤一人、しかもその遠藤も体調不良で無理そうなので結局OA枠は使わなさそう。
反町監督もクラブ側のだし渋りに困っているようではあるが、OA枠使わないとかではメダルは無理そうである。
もちろん応援はしているけど、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Coldplay ~VIVA LA VIDA~ [音楽]

期待のコールドプレイの4thアルバムについてです。


Viva la Vida

Viva la Vida

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Parlophone
  • 発売日: 2008/06/17
  • メディア: CD


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

EUROが終わって [サッカー]

スペインの優勝で幕を閉じた「EURO2008」
4年に一度の欧州の祭典は華やかだが、終わると少し寂しさが残る。

だが世界のサッカー市場はそんな感傷に浸っている余裕はない、なぜかというと世界中のスカウトが集まるこの国際大会は選手の「自分を売り込む」絶好の機会でもあるからだ。
ここで現在の主な決定、噂を紹介しようと思う。

デコ(ポルトガル)・・・バルセロナを事実上戦力外になった事もあるが恩師モウリーニョのインテルではなくEOROでのポルトガル代表監督であったルイス・フェリペ・スコラーリのチェルシーに決まった。

C・ロナウド(ポルトガル)・・・現在決定ではないがレアル・マドリーが160億??ともいえる移籍金を用意してさらに本人の希望もあるらしいが、、、

アルシャービン(ロシア)・・・EURO2008で大ブレイクした27才は「夢はバルセロナ」らしいがチェルシーも狙っている模様。

シャビ・アロンソ(スペイン)・・・一度あきらめたがイタリアの名門ユベントスが35億で再オファーらしい。

他にもたくさん動きがあると思うがやはり目玉はC・ロナウドがどこにいくかだよな~
個人的にはユナイテッドが好きなので残ってほしいという気持ちはありますが、本人が「レアルでプレーしたい」との事なんでもういいかな~と思い始めています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。