So-net無料ブログ作成
検索選択

レイルウェルズカップ2008  [サッカー]

8月になり各国リーグの開幕を控える中、レイルウェルズカップがロシアで行われた。
参加チームはACミラン、チェルシー、セビージャ、ロコモティフ・モスクワの4チーム、ロコモティフ以外の3チームは開幕前なので新しく加わった選手や各チームの仕上がり具合など注目だった。

まずはチェルシー。注目の新加入デコはさすがだなと思った。新監督のフェリペとはポルトガル代表からの付き合いだがよく監督の求める事がわかっているし、他の選手との連携も問題なくみえた。
他にはアネルカがポジションの問題もあったが昨シーズンの不調を払拭するキレのある動きでよかった。
2週間後の開幕戦に向けて上々の仕上がりだ。

大会を優勝したセビージャ。UEFAカップ連覇という偉業を達成したこのチームは本当にいい選手が多い。
ダニエル・アウベス、ケイタ等はチームを去ったが新加入のスキラッチ、フェルナンド・ナバーロ、ロマリック、コンコと安定していたし、ルイス・ファビアーノ、コネ、カヌーテ、チェバントンのFW陣の攻撃力は素晴らしい。若い選手も多くドリブラーのディエゴ・カペルはこれからビッグクラブも注目するだろう。

そしてミラン。セリエAは開幕が遅いので仕上がっていないのはしょうがないが少しひどすぎた。
5-0で負けたチェルシーとの3位決定戦は特にひどくなにもできなかったと言われてもしょうがいだろう。
攻撃陣がケガや五輪出場でいないのはわかるがアンブロジーニの1TOPとかは意味があるのだろうか?
若い選手をプリマヴェーラから引き上げるとか、パロスキをフルで使う方がよかった気がする、、、
さらに新加入のザンブロッタ、フラミニはまだ全然フィットしてなかった。というかチーム全体がだけど。
唯一GKのアッビアーティは良いパフォーマンスをした、今のところ正GKはこの人がいいと思う。信じられないミスをしたカラッチとは差がついた。
とりあえず攻撃陣は戻ってくるからいいが守備は修正しないとまずいだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。