So-net無料ブログ作成
検索選択

ロニーの旅はカンプノウからサンシーロへ [サッカー]

この夏の移籍市場を騒がしていたロナウジーニョのACミランへの移籍が決まった。
総額47億円で2010年までの契約らしい。
これで完全にバルセロナでのライカールトとロナウジーニョの時代は終焉を迎えた。

22781_hp.jpg
(c)Goal.com

昨年のバルセロナで低調なパフォーマンスに終わり批判を受けて「燃え尽き症候群」とか言われたロナウジーニョ。
チームもCLこそベスト4に残ったが、リーガはライバルのレアル・マドリーに屈辱の勝ち点18点差の3位。
責任をとり監督もライカールトからペップ・グアルディオラに変わり、そのペップがいきなり会見で一時代を築いたロナウジーニョ、エトー、デコの3人を構想外とした。

そんなわけで次のチームを探すことになったが、移籍金や高い年俸により払えるクラブは限られている。最終的に残ったのはイタリアのACミランとイングランドマンチェスター・シティだった。
結局金額はマンチェスター・Cの方が高く提示したらしいが、ミランにはロナウド、カカ、パトなどブラジル人が多く在籍しているし、CLには出れないものの誰しも納得するビック・クラブである事もあってかミランが獲得した。

さてミランで活躍できるかという事だが、今までのリーガからミランに来たブラジル人(ロナウド、リバウドなど)はあまりいい成績を挙げていない。
CLをバルサで獲った時のロニーは本当にすごかったので、また復活してそんなジンクスを打ち破る活躍をみせてほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。